最近はシステムエンジニア(SE)として活躍される女性も少しずつ増えてきました。プログラマーあがりの方もいれば、Webデザイナー上がりの方もいたり、SEと言ってもかなり幅広い人材が働くようになってきています。SEという職種はどちらかと言えばプロジェクトをまとめる側のディレクターポジションに近いです。そのため現場でコーディングをしたい方よりも『プロジェクト全体をとりまとめたいような広い視野を持っている人材』の方が実は向いています。

最近のSE事情については以下の記事が参考になりますので本記事を読む前にぜひ併せて目を通してください。
⇒ SEとして転職する際にぜひ会得しておきたいおすすめのWeb技術

なお、以下の内容は下記に該当する方へ向けて記事を書いています。該当しない場合でもSEを目指している方であれば参考になると思いますが念のため。

・現在はプログラミング(コーディング)が中心なのでディレクター職など次のステップを目指したい
・SE(システムエンジニア)になって簡単な設計を書いたりプロジェクトを取りまとめてみたい
・前職を退職してからシステムエンジニアを目指しているが異業種からの転職なのでSEになれるか不安

異業種からでもSE(システムエンジニア)になれるのか?

結論から述べると異業種からの転職でもSEになることは当然、可能です。ただし、以下のスキルは必須だと思います。

・他部署間で人と人のやりとりを取り持ちながら仕事をした経験がある
・プログラミング経験こそないがWebサービスを作るhtmlコーディングの基礎を理解している
・詳細設計書はよくわからないけどサイト設計書(ワイヤーフレーム)を作ったことがある

あとは「転職エージェント」を経由して転職を検討されていれば尚、良しです。
※エージェントに関しては記事の最下部でご紹介していますのでぜひ最後までご覧になってください

現場によってSE職の内容は大きく異なる

まず簡単に私自身の経歴を話しておきます。高卒で接客業のアルバイトを数年間して、職業訓練を通してWebデザイナーになり、その後SEとして仕事をして、最終的にはフリーランスとなりました。実はWebデザイナーの現場も1社ではなく「転職エージェント」を使いながら数々の転職を繰り返してきました。

1つ衝撃を受けたのは「Webデザイナー」や「SE」や「エンジニア」と言っても勤務する会社によって業務内容が大きく異なるという点でした。Webデザイナーは一般的にホームページのデザインをする職業だと思われています。が、「html/css/javascript(Jquery)」までこなせて始めて一人前のWebデザイナーだと言われたりもします。

理由はhtmlがまだ4だった時代(10年ほど前)には職業がそこまで細分化されていなかったのが原因です。当時はhtmlコーディングもCSSもJavascriptもすべてWebデザイナーが担当しなければなりませんでした。現場によってはFlash(Action Script)までこなすデザイナーが居たのも事実です。今思えば正直ありえない業務量だと思います。

でも最近はWeb業界も人材が圧倒的に増えて、働き口も相当増えてきましたのですべてをWebデザイナーに丸投げするような現場は少なくなってきました。もちろんすべてができるにこしたことはありませんができなくても大丈夫です。少し補足をしておくとランサーズやクラウドワークスといったアウトソージングサービスが出来上がった背景もあってコーディング(html/CSS/Javascript)は外注化する会社も多くなりました。低価格化が進んだという背景もあります。

そういった背景もあって、すべての作業を現場で行うことは稀になってきています。また、SE(システムエンジニア)もプログラマー上がりでなくても働ける現場が多いです。ちなみにSE(システムエンジニア)はもともとプログラミングを行うための「詳細設計書」を書く人を指すのですが、現場によってはプログラマーを指したり10年前と比べて驚くほど概念が広くなってきています。もちろん大手企業やエンジニアあがりの社長が代表を務める会社では線引きは厳重ですがそういう会社も割と少ないです。

このあたりは以前に以下の記事内でも詳しく触れていますので、ぜひ目を通してもらえればと思います↓
⇒ 【効率的】WebデザイナーからのSE転職に有効!最近は当たり前になりつつある重要な話

SEになるために必要とされるスキル

SE(システムエンジニア)になるために必要なスキルは対応言語の種類ではなく「コミュニケーション能力」です。

Web業界では、htmlやCSSを扱う人をコーダーと呼びます。そして、PHPなどプログラム言語を操る人はプログラマーと呼ばれています。また、最近ではSE(システムエンジニア)と言ってもエンジニア上がりのプログラマーではないパターンもかなり多いです。この部分は先日に以下の記事「SEとして転職する際にぜひ会得しておきたいおすすめのWeb技術」でも触れましたよね。簡単に言えば、小さなベンチャー企業やエンジニアあがりでない社長が代表を務めるような会社では定義が曖昧だからです。

そもそも「エンジニア」という概念自体もここ10年でがらっと変わりました。昔はプログラマーをエンジニアと呼んでいましたが、最近はWebデザイナーも含めすべてをクリエイターと呼んでいて、クリエイターを総称する呼名が「ITエンジニア」になってきています。

昔からプログラマーをしている方や現場経験が長い人にとっては「Webデザイナー上がりの人材はSEと呼ばない!」と言いたくなるのですが、残念ながらこれほど業界が大きくなってきてしまうと言葉の意味が勝手に広がっていくのは当然のことです。いつまでも過去の考え方に縛られて「SEはこうあるべきだ!」と主張する事自体ナンセンスです。

何度も言うように、大手企業やエンジニア上がりの社長が代表を務めるような会社では「SE」は昔ながらの“プログラマーあがりの詳細設計をかける人材”を指すのは正しい考え方です。しかし、スマートフォンの時代になりhtmlも4から5へ代わり、テーブルレイアウトからDivレイアウトに代わり、さらにレスポンシブが標準化となってきた今では古い考え方(価値観)を押し付けていても何も始まりません。業界の移り変わりを真摯に受け止めず敷居を無駄に上げるのは誰も得をせず生産的でないという意味です。

昔のプログラマーを否定するような発言で申し訳ない気持ちもありますが、これが現実です。世の中は大企業だけで出来上がっている訳ではないのです。また、ハードルをあげて他人を下げたい“旧来のエンジニア的発想”もわからなくはありませんが、今後のIT業界の発展を考えるとコミュニケーション能力が高い人がSEをする方が健全です。

できれば理解しておくと良い言語

以下の言語はざっくりでも理解しておけた方がよいです。大体で構いません。

・html
・css
・Javascirpt(Jquery)
・PHP
・DB(Mysql)

もちろんすべてを完璧に理解する必要はなく、Webサイトの構造はhtmlでできていて、見栄えはCSSで調整していて、派手めな動きはJavascript(Jquery)で制御していて、システムを動かす際に必要な動的処理をPHPで実行、そしてデータの保存先はデータベース(DB)に保管しているという全体像を理解していればOKです。概念だけ抑えましょう。

それぞれのロジックがどう書かれていてといった技術的な話は二の次です。また、自分自身の経験・立場から言わせてもらっても、「プログラマー」の大半の方はコミュニケーションが苦手です。もっとも人とのコミュニケーションが苦手だからプログラマーに就職したという方が圧倒的に多い業界でもあります。

そんな方がプログラマーからSEへなったとしても、プロジェクトをうまく管理できないのは至極当然とも言えるわけです。個人的にも、男性と比べても視野が圧倒的に広い女性がSE(システムエンジニア)としてディレクションをした方(未経験でも)がプロジェクト自体はスムーズに進みます。これまで数々のリアルな現場を見てきて本音で感じました。

女性は周りを見渡す力が長けているので、頭でっかちな男性プログラマーと違って柔軟に仕事をこなしてくれます。たとえ未経験でも、現場を元気づけながら明るく気さくにプロジェクトを進めると、関わるスタッフも楽しく結果的に良いプロダクト(製品やサービス)が出来上がるのも自然な流れかもしれません。

IT業界はもっと女性が増えた方が良い

性別的な特徴なのかもしれませんが、男性は1つのことに集中すると圧倒的な成果を生み出す方が多いです。これはおそらく体の構造上の仕組みで、多くの男性が1つの趣味に没頭するのと同じです。また、男はプライドが高い人が多いので未経験の女性に「SEは難しいよ、簡単じゃない」と言いたくなる生き物です。女性の方が圧倒的に向いているのは本人も気づいてますが自尊心があるので素直に言えないだけだったりします。

転職エージェントの選び方が大事

先述したように勤務先は大手企業から小さな中小企業まで多岐に渡ります。最近では2、3名だけで始まったスタートアップ企業もかなり多いです。

当然、SEは現場のエンジニアさんを動かす側になるので技術的な話ができるに越したことはありません。でも知識がある人は頭ごなしに作業を押し付けてしまいがちです。プログラマーは自身がプログラマーになった理由を一番理解しています。またプログラマーの現場は暗くて喋らない人が多かったりするのも事実。

本当は明るく気さくに話したいけど、性格上それができない方が多いのも正直否めません。心の奥底では元気にリーダーシップをとってみたい願望はあっても、恥ずかしくて思うようにできない男性は思いのほか多いです。そういった現状を理解しているSEの女性リーダーがいれば現場としての安心感も相当強いです。

ただ、転職時はエージェント選びに間違ったら理想的な職場を見つけるまでに膨大な時間がかかってしまいます。転職時はかならず3つ以上のエージェントへ登録して、相性の良い担当者さんと出会えるまでは気長に相談し続けるのがおすすめです。エージェントの担当者さんはあなたのキャリアを見ながら給料交渉もしてくれますので、今後どういったキャリアプランを描いているのかなど気さくに打ち明けてみると良いかと思います。

また、現場にはさきほど書いたような課題が沢山あるのでコミュニケーション能力の高い女性はかなり重宝されます。足りないスキルは現場のクリエイターから学ぶというスタンスで胸を借りながら成長していける環境が見つかればぜひチャレンジしてください。これからは女性が働ける現場もさらに増えるはずです。

もし「挑戦してみたい!」という方はまず転職エージェントに登録して、キャリアプランについて相談してみましょう。

賢い“SE転職サイト”の選び方

SE業界は情報量が多すぎて表に出てこない非公開求人がほとんどです。そのため、SEなどWebエンジニアへの転職では転職サイトの活用が必須となります。

お勧め転職サイトの
特徴と違いを見る