最近SEへ転職したいという方が徐々に増えてきています。SEはシステムエンジニアを指します。最近は「エンジニア」は作り手、「システムエンジニア」はエンジニアへの作業を取りまとめるディレクターのようなポジションを言います。細かい違いについては前回記事にしましたのでぜひ下記をご一読ください。
→ SEとして転職する際にぜひ会得しておきたいおすすめのWeb技術

今回は高待遇・好条件でSE(システムエンジニア)として転職するための方法を解説いたしました。この記事は以下に該当する方へ向けて書いています。

・現在はエンジニアとして働いているが今後SEへの転職を考えている人
・Webデザイナーの給料が安いのでSEへ転職してもっと待遇をよくしたい人
・システムエンジニアの友人が高待遇と聞いたので未経験から挑戦してみたい人

結論からいえば「マーケティング目線を持ったシステムエンジニアを目指す」のが高待遇・好条件で転職する最大の近道です。実は世間一般で働いている大半のエンジニア(システムエンジニアを含む)はマーケティングの知識がほとんどありません。あえてストレートに言えば、マーケティング目線を持ちたくても「持てない」エンジニアばかりです。

マーケティング目線を持てない理由

先日「SEとして転職する際にぜひ会得しておきたいおすすめのWeb技術」の記事内でも触れましたが、エンジニアはエンジニアリングに取り組む人を指します。エンジニアリングはサービスやアプリケーション開発時に伴う「分解と組み立て」を行うことを言います。一度でもクリエイターとして働いたご経験があれば理解できると思いますが、なにせ実作業を行うクリエイターには莫大な作業が降りかかってきます。新規アプリケーション開発にしても、既存のアプリケーション改修にしてもプログラミング作業は山ほどあります。

そんななかで「マーケティング」を意識しつつ、作業を進めるなどほぼ不可能に近いです。マーケティングはプロダクトを世の中に広めていく作業を言います。つまり、大半のプロジェクトでは“具体的なマーケティング施策”はエンジニアリング作業が終わってから本格的に進められるのが一般的となっています。

実際、現場で働くエンジニアは作業に追われているのでマーケティングどころではありません。もっと言えば現場的には、マーケティングなんてしなくても商品は売れるだろうという幻想を抱いているエンジニアが多かったりします。また、同僚や同じ部署の人間が持っている考え方は良くも悪くも伝達するのでマーケティングを軽視しやすくなります。

システムエンジニアのほとんどは元エンジニア

ピラミッド型の組織でよくある問題点として挙げられるのが、勤務期間の長い人が(実力に関わらず)システムエンジニアを任せられるという点です。つまり、マーケティング目線を持っていないままエンジニアからシステムエンジニアに成り上がるパターンがほとんどです。

人によっては「いやいや、実力があれば勤務期間に関係なくシステムエンジニアになってるよ」と言う方もいるかもしれませんが、まだまだ日本は年功序列がきついです。そのためエンジニアとして長く働いているだけで(長期勤務しているというだけ)システムエンジニアになってしまっている現実があるのです。

このあたりは最近ニュースになっていた「ソニーで新卒に高い給料を払う」という話が古株の社員から反対を食らっているのを見ると一目瞭然です。長い目で見ると若い社員を高待遇で雇えば若さとパワーで圧倒的な仕事量をこなせるため会社に与えるメリットが相当多いです。結果的にプロジェクトの成功確率も上がり古株の待遇改善も期待できます。

しかし、実際のところは「何十年も頑張ってきた俺の給料を新卒が超えるとはけしからん」と反発してしまっているのが現状です。年功序列がきついのがよくわかりますよね。

僕も昔に入った会社には自称システムエンジニアの先輩(40代)がいたのですが、フレームワーク(CakePHP等)すら使ったことがない人でした。さらにフレームワークは使わない方がいいといった持論を展開する人で、力で部下を押さえつける性格だったのを覚えています。そういった人ほど「通称:“俺俺フレームワーク”」を使っていたりします。

マーケティング力の高いエンジニアは評価される

上記の通り、エンジニア(システムエンジニアも含む)の大半はマーケティング力がありません。マーケティング力がなければ必然的に「お客様目線が抜け落ちる」ので、どんな作業を進めるにしても「自己中心的な目線」でしか物事を考えられないわけです。そんな状況で「素晴らしいプロダクト」が出来上がる確率は限りなく低くなります。

でも、逆に考えてみてください。

部署の大半がマーケティング目線を持てない人間ばかりで、マーケティング力を持ったエンジニアが入社してきたらどうでしょうか。はっきり言ってしまうと、どれだけ古株でプログラミング経験が豊富な人でも、そんな人材には100%追いつけない状況になってしまうわけです。

しかも、営業あがりの社長が代表をつとめる会社などでは、「エンジニアはマーケティングをできない」というのを痛いほど理解しています。と言うより、大半の経営者が「エンジニアにマーケティング目線を持ってもらうのは不可能だろう」とまで思っていたりします。

実はこういった背景もあって、マーケティングができるエンジニアの需要が急激に上がってきているわけです。業界に詳しい方から「グロースハッカー」という職種を聞いたことがあるかもしれません。彼らはまさにマーケティング目線を持ったエンジニアであり、現在どこの会社も欲しがっている今もっとも熱いポジションとなっているのです。

日本ではまだまだグロースハッカーの定義も曖昧で、募集をかけている会社も少ないのは事実ですが、あなたが「普段からエンジニアリングとマーケティングの両方を勉強しています」と転職時にしっかりとアピールすればそれは「グロースハッカーができる人材」と同意語となり、高待遇・好条件で雇ってもらえる最強の材料となるわけです。

マーケティングを勉強する方法

もっとも手っ取り早いのは自分でプロダクト(商品やサービス)を作ってしまい、実際に利用するユーザーを集めて、集客活動に取り組んでしまうことです。つまり、サービス設計をあなた自身で行って、利用するユーザーとコミュニケーションを図ったりとサービス構築からユーザー募集、そしてニーズに基づいた改善作業に取り組むのがベストです。

こういった実績を転職時に話せると、正直、相当楽勝でシステムエンジニアへ転職できてしまいます。

また最近ではUdemyやSchooといったオンライン学習サービスを活用してマーケティングという概念を学ぶことも可能です。習うより慣れろという言葉もあるので、おすすめとしては興味のあるコースを受講してみて、最終的には自分自身でサービスを構築してしまうのが個人的には最速の方法かなと思います。

マーケティングは難しい?

先述した通り、エンジニアリングとマーケティングは相反する要素を持っています。これは業界全体に言えることなのかもしれませんが、「物作り(エンジニアリング)と告知(マーケティング)」を別物として考えている会社が多いのも事実です。本来はどっちが先、後といった話ではなく両方とも同時進行で進めなければなりません。

しかし、良くも悪くも「物が出来上がってから商品を売る」という律儀な考え方をする会社が多いので、エンジニアが会社内でマーケティングを学ぶというのは無理でしょう。

マーケティングを学ぶ時はそういった受け身な姿勢はやめて、自らテストを繰り返せるような環境を自ら作ってしまった方が早いです。そして、その経験や結果を転職サービスや転職先との実際の面談時にアピールすれば、他の転職希望者とかなり大きな差をつけられます。システムエンジニアへ転職したい方は元エンジニアが多いので、物作りのアピールをするエンジニアばかりです。そんな中で「僕はエンジニアですが、マーケティングの大切さを知っています」というスタンスのエンジニアが現れると勝ったも同然と言えます。

真っ向勝負すると埋もれる

エンジニアがエンジニアとしてのスキルを売りたくなる気持ちは理解できます。今までたくさんのプロダクトに触れてきて、現場でたくさんのプログラミングを行い、多くの経験をしてきたはずです。でも逆に考えてみてください。それって「ほとんどのエンジニアも同じように通って来ている道」だと思いませんか?

それに今も長く生き残っている会社の大半は例外なく、『マーケティング力に長けている会社』ばかりです。

いくら商品開発が得意でも、「売る力(=マーケティング力)」が低ければ1円にもなりません。どれだけ素晴らしい商品があっても、ユーザーが手に取るまでの道筋をしっかりと敷けるロジックまで深く考察して、理解をしていなければ商品は売れません。あのiPhoneもジョブズのプレゼン力、発売日までに小出しにする情報制御があってこそです。

まとめ

ぶっちゃけ、マーケティングを覚えたら転職・就職は楽勝です。できる人が圧倒的に少ないからです。ライバルが少ないところに飛び込めば目立つのは当たり前で、他の誰よりも優位に面接を進められます。当然面談を受けた会社内にも「マーケティング力が高いエンジニア」はほぼ、いないはずです。皆エンジニアリングに精一杯だからです。

そんななかでマーケティング力も高くて、自分でプロダクト開発もできて、実際に集客に関する考察もあれば、システムエンジニアとして働ける可能性もグッと上がります。また上記で書いた内容は決してエンジニアに限った話ではなく、どんな業界でも通用する転職テクニックでもあります。例えば、転職エージェントに登録をしても、マーケティングができるという強みがあれば担当者も会社側にあなた自身を売り込みやすく、誰よりも先に面談が決まり、あなたが思っていた以上に素早く話が進むでしょう。

最近はエンジニアも不足していますし、システムエンジニアも不足しています、そして、マーケティングができるシステムエンジニアなどほぼ皆無です。もちろん、面談では将来的にどういったポジションになりたい等さらに踏み込んだ話をすれば役員候補として働ける条件を手に入れられる場合もあります。転職時はマーケティング力を磨いておきましょう。

賢い“SE転職サイト”の選び方

SE業界は情報量が多すぎて表に出てこない非公開求人がほとんどです。そのため、SEなどWebエンジニアへの転職では転職サイトの活用が必須となります。

お勧め転職サイトの
特徴と違いを見る