SEとプログラマーの仕事はまったく異なります。設計を書くSEと、設計通りにロジックを組み上げるプログラマー。SEとプログラマーは仕事の質が異なります。そのため適切な年齢というよりは、得意不得意で考えるべきです。

クリエイター気質の方はプログラマーが向いています。プログラマーは作業をこなす必要があるので職人気質な方も多く、1つの作業を繰り返すことが得意な方なら違和感なくこなせるはずです。

SEはプログラムを設計する側なので、言語・サーバーなどさらにコアとなる仕様を確定していく仕事です。そのため現場によってはディレクター的な要素を求められる場面も多くなります。

設計が得意な人はSEに向いています。また、大企業でのSEと中小企業でのSEも少しポジションが異なってきます。特に中小企業ではSE兼プログラマーになる場面が多いので、転職時は想定しておくと安心です。

勤務先が取り扱う言語

SEになるにしても、プログラマーになるにしても両方とも重要な仕事である点は間違いありません。しかし、働くうえで重要視したいのは勤務する会社がどういった言語を扱っているかです。

Web系でない言語

業務系の会社ではWeb言語をほぼ使わないのでエンジニアと書かれていても注意する必要があります。具体的には「html/CSS/Javascript/Jquery/PHP」を使うのが一般的なWeb系のITエンジニアです。上記はWeb系に寄った言語となりますが一般的な目線で言えば標準的なWeb言語と言えるでしょう。

最近ではAI関連からPythonも人気があったり、他にもウィンドウズアプリを作成するC言語や、アンドロイドアプリを開発するJava言語なども種類はたくさんありますので、あなた自身がどういった方向性を目指しているのか整理しておくとより道が開けるかもしれません。

賢い“SE転職サイト”の選び方

SE業界は情報量が多すぎて表に出てこない非公開求人がほとんどです。そのため、SEなどWebエンジニアへの転職では転職サイトの活用が必須となります。

お勧め転職サイトの
特徴と違いを見る