私がIT業界で転職を繰り返した理由は「スキルアップを図るため」でした。

1つの職種に縛るのではなく複数の分野へ対応することで自身の希少性を上げていきたかったというのが主な目的です。

SEとして働く最大の面白さは「モノづくり」に触れられる点にあります。さらには、多く現場経験を積み上げるほど相対的に価値も上昇していきます。

業界的には真面目な方がとても多く、もの静かな方が多い印象です。業務中は物音一つ立たないくらい静かです。
イヤホンで音楽を聴きながらの仕事がOKな会社もあったり「集中方法は工夫しましょう」といった仕事環境です。

集中できる環境なので、圧倒的な成果を生み出せるのもSEならではだと言えます。過去に“団体戦が苦手”と感じていたりすると天職になるかもしれません。

また、市場に価値を提供して、新たな道を広げられるのも『SEの強み』です。

最近では未経験からでも始められたりとたくさんの環境が用意されています。

チャンスがあれば挑戦してみましょう。