SE業界(Webエンジニア全般)は転職希望者が比較的多い業界ですが、私にもSEを含め多くの転職経験があります。

エンジニア力を高めるにはまずは経験だと考えた私は、平均1年スパンでどんどん転職を繰り返していました。UI/UXを含むWebデザイナーから始まり、プログラマーやSE、そしてディレクターや管理職など一通りが含まれています。

また、Webエンジニアの環境は本当に千差万別で「残業ゼロ(ほぼ全社員が定時退社)」の会社もあれば、毎日終電までの会社があったりと驚くのほど環境の違いを実際に体験してきました。

しかし、きっと多くの方は転職回数も少なく、面談経験も指で数えられるほど少ない方が大半ではないでしょうか。

そこで、どのように転職活動を始めれば潤滑に就職できるか、または転職での失敗を防ぐ方法など、私の体験談を元に内容をまとめてみたいと思います。

これからSEを目指されている方、すでにエンジニアで働かれている方、SEの求人転職の参考にしてみてください。

管理人のプロフィール

WebデザイナーとしてIT業界へ入った初日に「稼ぎたければPHPを学べ」というアドバイスを得て衝撃を受ける。その後PHPについて調べてみるも難しすぎて挫折。そしてWebデザイナー、ディレクター、プログラマーと多くの職種を経てPHPを学び直す。

その後JAVA言語などオブジェクト指向など少しずつ知識を増やしていきました。まだまだ知らないことだらけですが、職人気質なプログラマーの側面を持ちつつもマーケティングSEとして集客を含むWeb設計を得意としています。

SEという職種の実態は幅広く柔軟性が求められる業種です。また、ITでは思いつくツールはほとんどPHP+Mysqlで実現できます。作りたいツールがあれば1日でも早く実践とテストを繰り返して、プロダクトとしてブラッシュアップさせていきましょう。

賢い“SE転職サイト”の選び方

SE業界は情報量が多すぎて表に出てこない非公開求人がほとんどです。そのため、SEなどWebエンジニアへの転職では転職サイトの活用が必須となります。

お勧め転職サイトの
特徴と違いを見る